トレンドブログ

新しいニュースを発信していきます♪

余命や障害を告知されたら、あなたはどうしますか?

人生のあらゆる局面で「ショックなこと」は起こります。

f:id:game85:20170705102850p:plain


なかでも、一番ショックなこととは、「自分の命が残り
少ない」と知るときでしょう。

多くの人は死を忌み、普段はなるべく考えないように
して生きています。

しかし、「死」は確実に誰にでも訪れます。

その死が目前に迫ったとき、私たちはどんな行動を
とるのでしょうか?


記事引用元URL
yahooニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00004784-nallabout-hlth



トレンド!のブログ



名無しさん
11時間前
若いからかもしれないけれど、
がん告知より、将来の夢を絶たれた方が辛かったです。
人生積んだなぁ。って。
抗がん剤治療で健康がだった身体が地球の重力に押し潰されるように動けなくなったけれど、若いせいか回復も早かった。
今は新しい夢があるから、色々不安になることもあるけれど頑張れます!
生きてる限りは必ず死ぬってことをものすごく身近に感じたので毎日が大切です。
未来のことは誰も分からないから、未来で後悔しないように今を生きます。
 

名無しさん
11時間前
やっぱり、障害や死を身近なモノとして受け入れる教育を学校の中でした方が良いんじゃないかなぁ?『避けない・偏見を持たない・受け入れる』が、この国では全く出来ていないよね。
障害と関わるのは大変な事なのに、世間では無理解の壁で未だに苦労しっぱなし。「日本語が片言かも知れませんが、私は日本人です」って何度言ったかな。私に障害がある訳でもないのに…障害を持ってしまった家族を言い訳に出来ないのに、世間様は離れて行くんだよ。
 

名無しさん
9時間前
有名人のニュースの影響もあり、「死」や「余命」のことは考えたり想像したりするが、多くの人が「障害」については想いがいたらないようだ。
圧倒的な不自由の中、助けを受けなくては生きていけない人のことなど、知らない、わからないのが本音なのだろう。
自分も身近にそういう人ができるまではそうだったから。
その人も以前は仕事人間でしっかり働いていた。突然病気になって障害を負った。好きでそうなったんじゃない。それを誰が責めることができるだろうか。自分には絶対おこらないなんてことはない。
どんな病気や障害のある人も、できる限り外に出よう。
今健常の人も目を背けず障害のある人と話をしよう。
いつか、役に立つかもしれない。
お互いを知ることは、お互いの怖さや不信感を減らせる。
 

名無しさん
6時間前
私はまさに今ガンと闘っています。
42才と若かったので術後の回復は早かったけど、代償に左目と嗅覚失いました。
これから抗がん剤放射線治療がはじまります。
ガンを宣告された時よりメンタル的には今の方がキツい。
 

名無しさん
11時間前
泣くか大騒ぎするか、その時にならないと分かりませんが、それでも
最終的には現実を受け入れるしか無いでしょうね。
余命なら、まず身辺整理します。
障害なら、克服出来るところまで頑張ってみます。
後は、なるようになれ!
 

名無しさん
12時間前
余命までに、やりたいことやっておかなければならないものをリストアップして一つずつこなしていきたい。自分の身の回りの整頓、生まれたての我が子に成人するまでの誕生日に開けるように20枚の手紙を書くとか…いや。実際そうなったら記事のとおり、すぐには受け入れられなくて出来ないのかなぁ。でも1日たりとも無駄にすごしたくはない
 

名無しさん
10時間前
自分自身が病でどう考えても後20年ほどであの世行きとわかった時と同時期に、姪っ子2人が難病と判明…。
可愛い盛りの子達がこれまた、先が短いとわかり、皮肉なものだと。80近くまで生きた挙句、ぼけて、連れ合いに殺されるようなニュースを見るたび、短くてもその方が幸せかもしれないと思うように。
体の衰えと精神の衰えとが反比例している私。
この身体でどこまでやっていけるか、もがきながらでもやっていくしかない。告知を受けたとき、すでに病について調べたこともあったせいか、落ち込むこともなく、受け入れるというよりも、長く苦しまないで済むとわかった安堵感の方が大きかった。
 

名無しさん
3時間前
自分ひとりだったら、生活が荒れてしまうのかもしれないけれど、子ども達がいるので、後でお母さんはがんばってたねと言って貰えるような生活はしたいかなぁ。
私はメンタルが弱いので、がんばれるモチベーションになってくれる存在に恵まれて良かったと、そこは伝えたい。
 

名無しさん
5時間前
30で脳内出血で突然半身麻痺の障害者になりました。12年経ちましたが障害需要は未だに出来ていません。仕方ないと思う気持ちと、これで生きていかなければならない気持ちはあります。しかし障害を受容したかどうかと言われれば受容は自分の場合「無理」でしょう。簡単に「障害受容」だなんて言って欲しくないです。未だに出来なくなった機能には未練がありますし不自由な体との付き合いはきつい。当たり前のことが出来なくなった自分は未だに悲しくて悔しくて情けなくて泣くし、「障害に受容」なんてものはない、と思う側です。
受容することは大切じゃない。
どう生きていくかの方がずっと大切。
 

名無しさん
1時間前
自分は一足飛びに4.に行ったな。発達障害なんて名前だけでも自閉症しか知らなかったしそれも自閉症?何それ美味しいの?みたいな感じだったし、むしろ就活が上手くいかなくてアルバイトすら一年もつかどうかって感じで家がギスギスしていたから、仕事に関する夢は一旦詰んだけど原因が解ったのはよかった。自分が楽観的な性格だからというのもあるかもしれないけど、悲観的な人は健常者でも死ぬ時は死ぬだろう。自殺しても来世は健常者とは限らないし、人生投げたせいで今より重くなったら話にならない。
 

名無しさん
7時間前
生まれつきの「障害」とは発達障害も含まれるのかな。
アスペルガーと診断され、他人との関わり合いで起こった不可思議な出来事の数々に…我が人生のからくりを発見した。驚愕!!⇨1.ショック期
・知れば知るほど怒りと悲しみ。⇨2.否認期
・これまで生きてきたコトに押しつぶされそうな、限界の日々が続き救済を求めた。⇨3.混乱期
・開き直って、⇨4.解決への努力期
・それでも生きていくと思う。⇨5.受容期
確かに、経験してきた事を障害受容のプロセスに当てはめる事が出来ました。
だけど、途轍もなく困難な出来事にぶち当たった時は、毎度の如く否定期や混乱期に立ち戻り絶望を感じる。障害と共に生きる上では、もっともっと長いスパンで見ていかなくてはならないのか。訓練と人生経験の積み重ねで、いつか受容期に永住できるのかな。受容期のその先にも、まだ何かあるのかな。この事については、もっと調べて勉強したいと思います。
 

名無しさん
11時間前
1999年も同じような状況だったよな。
普通に働いて、普通に生活してて良かった、と思ったけど。
何か生活でイベントやお出かけしたら、手帳のカレンダーにメモして置いたのはなかなか良かった。
日記は続かないけど、予定を書いて、その感想をメモ、ってのはやりやすい。
余命も障害も、今も医学の急速な変化では、どう捉えたらいいやら。
どん底で覚悟してても、iPSであっさり治っちゃったりして。
仕事は細々でも続けたいな。
 

名無しさん
9時間前
内部障害(心臓)持ちです。
体育大会は中学時代から見学、体育も基本見学。20歳を越えてから手術したけど、今でも全力疾走したらチアノーゼ出ることあるし、冬場は風邪ひかないように必死(免疫が人より弱いのもあって風邪の菌が心臓に入ったら増悪するスピードが早いとか)
でもそんな体になった以上、割り切って頑張るしかない。「出来ない」って諦めるよりチャレンジする。「やらない後悔よりやった後悔」です。
余命に関してはまだ漠然としてるけど、もしそうなったらやりたいことやれるだけやって、処分できるものは処分して、延命治療とかに関してちゃんと決めておいて、葬儀とかのことも可能な限りは決めておきたい、と思ってる。父の介護から葬儀とかホントバタバタだったので、そうならないためにも。
人間いつどうなるかわからないから、ある程度は考えてる。
 

名無しさん
12時間前
余命宣告されたら、仕事は辞めるか短時間勤務にさせてもらう。
あとは家族にご飯をたくさん作ってあげたい。うちの息子たちは「ママのご飯よりおいしいものはない!」って言ってくれる。そういうことができなくなる日が必ずくるから。うちは旦那が私に心配かけないように、大丈夫って言ってくれる人。本当に大丈夫なように、余命宣告されたらレシピ集を作ろうって思った。
 

名無しさん
11時間前
わたしは、今でも自分が受け入れられているのか解らない。初めはショックだったし、混乱したし。でも、どうしようも無いことなんだと言うことも理解はしているつもり。感情は違うけど。
もちろん、残りの時間で何が出来るだろうとか、あれこれ片付けなくてはいけない事とか考えたけど、その通りに物事は進まないしね。
もう少し病状が進んで、本当に最後の時間が迫ったときには、また違う感情が出てくるのだろうな
 

名無しさん
1時間前
そもそも、当たるの
 

名無しさん
3時間前
最近の医者は簡単に余命宣告するからね。
運が良いのか悪いのか?宣告を体験できたが、實歳に云われてみると自分の知らない自分を知ることができるよ。
宣告受けて5年いまだ元気で生きてるけどね?
 

名無しさん
10時間前
いくら頭で病気や障害になった時の事を考えてても、いざほんとになったら絶対頭真っ白になると思う
 

名無しさん
11時間前
そんな状況になった事ないから、想像でしかないけど、
多分すぐ反応出来なくて、普通に過ごしてしまうと思う。治療を急ぐ場合は当然病院には行くだろうけど。
子供も手離れてもう私が居なくても大丈夫。
やりたい事もそれなりにやって来たし、後悔するような事も、これから新しくやりたい事も特に無いので苦しまずに死ねるならそれでも良いかなと思う自分がいる。
ただ、飼ってる猫の事だけを生きてるうちに段取りしてやらないと。そこだけかな〜
後は、恥ずかしい物が出てこないように身辺整理。
若ければ色々思うこともあるだろうけど、
比較的好きに生きてそこそこまで来たし、
そうジタバタしない気がする。
それよりおいて行かれて一人になる方が不安だわ…
 

名無しさん
4時間前
余命ならむしろ嬉しい
先の見えない毎日を淡々と生きるより全然良い
事故とかで突然死ぬ事を思えば幸せだよ
残りの人生目一杯楽しむだろうなー
 

名無しさん
12時間前
仕事辞めて、家族とゆっくり過ごしたいとこだけど、主人は仕事だし、子供は学校に行くし、無理なんだろうなぁ。
後悔の無いように、なんて無理だろうし、運命を受け入れられるかって言われたら、それも無理だろうなって思います(^^;
 

名無しさん
12時間前
でも実際問題、余命宣告って、「何も治療しなければ余命◯◯くらいです」みたいなのが多いんじゃないかな。その余命も、患者の半分が亡くなる中央値とか。
だから余命宣告だけでは私は諦めないと思うし、そもそも諦めたところで余命が延びる訳じゃなし。
 

名無しさん
11時間前
五丈原諸葛亮を見習ってジタバタせず周囲に迷惑が及ばないようにして最期を迎えるしかないなぁ。
 

名無しさん
9時間前
障害とともに生き続ける決意が出来るまで10年以上の月日を費やしました。
20年近くたった今でも障害がなければと思うことは度々あります。
生きることをやめなかった理由はただ一つ。
二人きりの姉妹の存在です。
自ら命を絶った姉妹がいた過去を背負わすわけにはいかなかった。
その理由がなかったら今ここにはいなかったと思います。
家庭環境や遺伝の可能性を否めない私の場合、親のために生きるとは思えません。
 

名無しさん
10時間前
性被害にあい、かなり深刻な被害だったので、それから、かれこれ20年。まだ障害とつく名の精神病から脱却できず、正直疲れてしまった。
治療もあと5年はかかる、と言われた。
治療は過去の被害を思い出すこともある。私にとっては闘いだ。
けれど我が子の笑顔を守らなければ。守るものがないと頑張れないと思い知った。
 

名無しさん
11時間前
そうなった時にしかわからない。前向きに残された日々を大切に、やりたい事をするなんて落ち着いて受け入れられるかなぁ?こわい!
 

名無しさん
11時間前
いきなり寝たきりになってそこから身動きできずに、あと10日くらいの命です、とかの余命宣告なら嫌だなぁ。
ウソでしょ?と思ううちに心臓止まりそう。
癌で余命半年ですよ、と言われたなら、ふた月は身の回りの始末にかけられそうなのでまだマシじゃないかと思う。
障害の場合は、生きていくなら、身体的にも精神的にも環境的にもなんらかの折り合いをつけていくしかないよね。
 

名無しさん
12時間前
25歳の時に余命宣告された時は今まで我慢していた事をやりましたね。手術まで欲望にまみれた日々を過ごしましたわ。あの時のあのパワーは追い詰められたからこそのモノだと思うし、普段の自分からは考えられない非常識人になってた。今、あの時を思うと自分が本当に求めていたことはアレだったのかと驚き呆れる。私ですらこうなるのだから、他の方々もイザ自分が余命宣告されたならド派手に荒れるのだろうなと思ってしまう。
 

名無しさん
10時間前
ショックではありますが
私は
いつもどおりに チョット 贅沢をいれるでしょうね。
 

名無しさん
10時間前
誰しも起こり得ることなのに、棲み分けや隔離して専門家に任せればいいという考えが憚っているのが間違いだと思う。
目にすることがなくなると想像力も働かない、ネガティヴなイメージばかりがどんどん膨らんでいっている。
 

名無しさん
12時間前
衝撃を受けて超ブルーになるだろうけど、かといって多分どうもしないと思う。そんな気力は出ないもん。
 

名無しさん
12時間前
精神科医って、諦めることが正しいって価値観押しつけてくるよね。
知人に精神科通院して立ち直れないまま人生終了しちゃった人何人かいるけど、ペシミスト精神科医に人生破壊されちゃったんだなと思ってる。
 

名無しさん
2時間前
心が折れる。_

名無しさん
12時間前
普段通りに生きていけるなら、そうしようと思います。
初めからの障害があることと、時々死にかかるので…今更です。
 

名無しさん
11時間前
余命なら、今まで出来なかった事を数日やって、後は日常を一日一日大事に生きる(*^^*)。
噛み締めるように大事に過ごす一日はありがたいだろうな~(^^)。
後遺症の場合は数日落ち込んで、後はどのくらい自分がやれるか…それによって、その状態で出来ることを探す。
諦めたらそこで終わりだから…。
 

名無しさん
12時間前
やっと今生から自由になれるって思うと力が抜けそう。
絶望とかしない。
口座に入ってる4万弱で行けるところまで行くぜウェーイってなる。
独身だから出来ることだろうな。これって。
 

名無しさん
10時間前
自分自身も障がいを持っていると高校の友達に打ち明けました。このことを言ったらみんな避けるかと思いましたがすんなりと受け入れてくれました。本当に恵まれた環境でした
 

名無しさん
12時間前
難病を患ってると医師に言われた後、障害についての項目4まで何年もかけて進んだけど、周囲(特に会社)の無理解やら頑張り疲れやらで3まで後退した。
はっきりと余命宣告されるような病気じゃないけど、この真綿で首締められるような苦痛もしんどい。
 

名無しさん
12時間前
余命三年時事日記
 

名無しさん
12時間前
自分だったら……もしもの時には……などと、きれいな事を考えて簡潔にまとめたりはしているものの、そうはできないんだろうな
 

名無しさん
10時間前
自分が死ぬのなら別に構わないけれど、残していく家族が心残りだね。
障害もそう。自分がそうなるのは構わないけれど、周りに迷惑かけたくないな。認知症昼夜逆転で、介護者する旦那とかが夜眠れなくなるのは嫌だね。
 

名無しさん
11時間前
グリーン先生みたいにハワイで余生過ごしたいな。
日本人は沖縄か♪
 

名無しさん
17分前
身近なガン患者や報道を見てるから余命は諦めようと思ってるが、
障害は、どうするったって部位によっては生活が一転するから厳しいな。
 

名無しさん
10時間前
障害が発覚したけど、まぁ誰にも言えませんわな。相談出来る人なんていないし、落ち込んでるくらいしか出来ることがない。
私はまだ受容できる段階までは距離がありそうだ。
 

名無しさん
9時間前
普段通り…特別なこともせず…毎日を…自宅で普段通りに過ごしたい。
 

名無しさん
11時間前
人間、死は必ず迎えるのだから余命がわかればそれに向かって、
計画的に生きたいけど、ある程度の余命はわかりたいね。
年金貰えるまでは生きたい。払い損になりたくないし。
退職金貰って余命までに葬式代くらいをきっかり残して使い切りたいなぁ・・・。
遺産て相続人がいないと国庫に持ってかれるんじゃなかったかな。
国になんかもって行かれたくないからねぇ・・・・・。
 

名無しさん
6時間前
別に驚かない。
父さんと会うという宿願を果たした現在の人生は、単なるオマケでしかない。
 

名無しさん
12時間前
つきるまで前むくことしかないな。
 

名無しさん
11時間前
死ぬことはもう受容しているけど、障害は受容しがたい。
 

名無しさん
5時間前
どのみちお金がないと治療なんて出来ないんだろうなぁ……痛いのはいやだな……家族に迷惑をかけない様にしないとなぁ……家族の時間を奪ったり金銭面で夢を奪ったりしたくない
 

名無しさん
9時間前
生きるのも死ぬのも怖いです。
 

名無しさん
12時間前
ハードディスクを抹消せんとな
 

名無しさん
2時間前
長生きするより早く「安楽死」という制度が導入されることをただただ願う。
 

名無しさん
8時間前
ちよっと泣いて悩んで寝る
深く夢の無い眠りなのかな。
朝起きたら自転車に乗って行った事のない道を走って汗をかいて少しビールを飲んでまた寝る。
さようならは悲しいものね。
 

名無しさん
10時間前
そりゃあ、おめー・・・、落ち込むに決まってんやろがw
そら、キューブラー・ロスのプロセス辿るやろ。
余命と自分ができる範囲で生きて行くしかないやろ。
否応なしに尻に火がついてんだから。
 

名無しさん
10時間前
とりあえず部屋の中の物を処分するわ
 

名無しさん
9時間前
手術しないと、余命2、3日って事があったが、身体が限界で、
何も考えられなかったな。今、「もうすぐ死ぬよ」とか言われたら、
生命保険や事務手続きを粛々とするわ。怖くはないが、ひたすら残念。
 

名無しさん
12時間前
どうしますか?つって、自由気ままに遊べるのなんて恵まれた人だけ
マジョリティは自分の死後の家族の生活に頭を悩まさなきゃいかんでしょ
 

名無しさん
11時間前
余命が分かったら、告知してほしい。まず仕事をやめて、自分の好きな事だけやって死にたい。
 

名無しさん
12時間前
医者から「あと3日で死ぬ」って言われて信じて、どうせならと全財産使って豪遊したけど全く死ぬ気配なく冗談だった場合って訴えられるの?
 

名無しさん
12時間前
諦める!
 

名無しさん
12時間前
身体が自由に動けるうちに宣告してほしい。
見られたく無いものは捨て大掃除して残された人が困らないようにしたいです!
 

名無しさん
3時間前
自分なら取り敢えず仕事を辞めて貯金を全部下ろして遊びまくりますね。どうせ死ぬと分かっていればどんな危険な場所へ行くのも怖くはないです。
 

名無しさん
12時間前
きっと出来ることはない。
建設的に何かを遺そうとは思えない。だって死んでしまうのだから。
もがいているうちに死んでしまうのだ。
焦りと恐怖と不安の中で狂いそうになりながら、目先の欲求だけを貪るように満たして行くのだろうが、
何分、託すべき仕事や家族、子供がない為、あるいは社会に対する使命感とか人生の信条もないが故、限りある有限を刹那的に消費してしまうだろう。
病床に伏し、ぼんやり天井を見つめる時、目の前に広がっては消える人生の回想画面は、昨日見た夢ようにつかみどころがなく、儚くて、人生そのものが幻だったと胸を軋ませ、
ただただ寂しさと虚無だけに満たされるされるのだろう。
こんなものです。
 

名無しさん
11時間前
結局人間の行動や感情なんてある程度分類できるものであって、それを考えると余命何ヶ月の計算方法のカラクリをつかって奇跡!余命よりもプラス何ヶ月家族との感動の!
なんていってる番組やどこかの歌舞伎役者がいかに眉唾かよくわかる
 

名無しさん
12時間前
度合いにもよるが、余命僅かなら好きな事やってひっそり命を絶つかもね。
 

名無しさん
7時間前
ずっと母親のそばに居る…
 

名無しさん
11時間前
足掻いて足掻いて記録して記録したい。
どう生きて来てどう生きたかったか。
孫の代まで覚えていてくれればいいな。
それ以上はもう十分。
 

名無しさん
9時間前
その時は、安楽死したい。早く日本でも認めて欲しい。
 

名無しさん
7時間前
障害は、程度によるかなー。
余命は…生まれた瞬間に命は減り続けてるというか。
生まれたら死ぬわけだから、告知されてもな。
「今更?」って感じだわ。
 

名無しさん
9時間前
周囲の関わりかたにもよる。
震災後避難先で病気になり障害者となった。
コミニュティも築けず復興からも取り残され既存の制度も機能せず、その中で障害者となったことを受け入れ頭を下げながら小さくなって生きている。
それでも行政が機能せず社会参加できない。
とてもじゃないが前向きに受け入れることなどできない。
 

名無しさん
6時間前
男性陣は、まずパソコンの履歴を消さねばね…
 

名無しさん
6時間前
とりあえずすぐウユニ塩湖に行く!
 

名無しさん
2時間前
開き直ってこの場で殺してくれと懇願する。
 

名無しさん
12時間前
海外旅行して映画みて、ぶらぶらして受け入れたいと願う(´ω`)
 

名無しさん
12時間前
だれでもいつ死ぬかわからない!
 

名無しさん
11時間前
人は100%死ぬ。つまり、生まれた瞬間余命宣告は受けている。医者に言われるまでもなく、明日車にひかれるかもしれない。毎日を精一杯生きていれば、後悔ややりたい事など残らない。死は、いつも1秒先にあると思って常にベストを尽くせ。
 

名無しさん
8時間前
それよりもただダラダラと生きて年老いて行く不安を持つ事と、夢も希望も生き甲斐もなく生かされてる方が恐ろしいです。
ガンは寧ろ頑張って生きて来た英雄・女傑の証だと思います。人間いつかは死ぬ。筑紫哲也さんの言葉を拝借しますが、世の中の様々な不幸で惨たらしい死に方を見聞きすると、人間にとって一番幸せな死に方は、やっぱりガンで死ぬ事だと思います。先がわかるし、調子がいいうちにやりたい事が出来るし、やるべき事が的確にわかるだろうし。
 

名無しさん
11時間前
毎日毎日闘病記をブログにアップして、家族に愛されてます自慢でもしましょうかね。
ブログの読者の同情集めに励み、時には家族自慢も載せ、そして死んだ後も配偶者にブログ継続してもらいましょう。
 

名無しさん
10時間前
私も宣告されましたが、あとはなるようにしかありません。神のみぞ知ると言うか。ただ家族には迷惑掛けたくない。
 

名無しさん
11時間前
まやかしの療法にだけは気をつけたい
 

名無しさん
1分前
悪あがきしないで、いつもどおり過ごすだけ。
 

名無しさん
11時間前
余命も障害も全て受け入れて、我が人生を全うするまでです。悪あがきはしません!!
なぜならば、それが自分に与えられた天命なので!