トレンドブログ

新しいニュースを発信していきます♪

「母ロス」でうつを発症 解決する方法

 親の看取りは誰しもが経験するもの。

f:id:game85:20170710094721p:plain


しかし、ゆっくりと最期のお別れをすることが
できなかったと、後悔する人は多い。

まだまだ元気だからと、話し合わずにいると、
その日は急にやってくる。

お墓のこと、相続のこと、延命措置のこと、
そろそろ話し合ってみませんか?



記事引用元URL
yahooニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170706-00000067-sasahi-life


トレンド!のブログ





名無しさん
16時間前
数年前に母と兄弟を亡くした。その半年後、父も末期のガンで入院、あっという間に亡くなった。とにかく忙しくて何も考える暇が無かった。悲しむ時間も無かった。涙も出なかった。誰にも話せなかった。いつも明るく振る舞った。そんな自分を誰も分かってくれない、自分の居場所が無くなった気がして仕事後に飲み歩いた。私を置いて皆いなくなってしまった事を恨んだりした。怖くて現実を直視できなかった。皆、遠くに旅行に行っている感覚だった。法事は夢の中の出来事のようだった。とにかく全てを忘れたくて遊び歩いた。
ある日、体が動かなくなった。鬱だったんだと思う。仕事も辞めた。貯金も尽きた。何もかもなくして、ようやく家族を亡くした現実に向かい合えた。誰か話せる人がいたら、もっと早く立ち直れていたのかもしれない。だから、助けを必要とする人に手を差し伸べたいと思う。
 

名無しさん
16時間前
私も1年前に母を亡くしました。この記事を見て涙が止まらなくなりました。両親はなかなか子供が持てずようやく生まれたのが私です。一人っ子で育った私はとても愛されました。
父は9年前にガンで亡くなり、その時は母と一緒だったので大丈夫だったのですが、去年母が亡くしてから1年経つけど悲しくて苦しくて辛い感情が爆破しそうになります。両親に花嫁姿も見せなかったことや、もう少し母の体調を気遣ってあげれてたらとか、もう少し色々なところに連れて行ってあげたかったなど様々な後悔で苦しさに襲われます。私は何のために生きてるのかさえわからなくなる時もあります。けれど、時間が必ず解決してくれると信じて前向きに生きていくことにします。親を持たれてる方、生きてるうちにいっぱい親孝行してあげて下さい。
 

名無しさん
17時間前
わかります。生前にそれほど気にしてなかった母親がいなくなったとき、それはわかります。6年たった今も罪悪感がつきまといます。親孝行したいときには親はなし、です。
 

名無しさん
15時間前
本当に皆さん辛い想いをしてきたのですね。私も母を亡くした後スーパーで母に似た後姿をみつけているはずもないのに追いかけてしまいました。違うと確認したら涙が溢れてきてスーパーを何度も飛び出しました。
10年過ぎた今も寂しさや、亡くなった時の顔が忘れられません。亡くなって母の存在感の大きさを感じています。
 

名無しさん
15時間前
ほとんどの場合は時間が解決してくれるでしょう。
そうじゃない人もいるだろうけど、毒親だとか憎しみあう親子もいる中で、悲しみにどっぷりなのはある意味、幸せなことかと思う。
 

名無しさん
16時間前
『側に居て当たり前』の存在だった母が急死した時は普通の生活に戻るまでに時間がかかりました。
学校から『ただいま』と帰宅すれば『お帰り~』と日常の当たり前の光景が突然失われたのは本当に辛かったです。
他界してから10年以上過ぎ、私も母親になり子供を残して旅立った母を忘れることは有りません。
いつも母ならこんな風に子育てしたかな?叱ったかな?など。悲しいけれど時が過ぎて子供と接するうちに楽しかった思い出ばかりが思い起こされます。時間はかかりますが前向きに一日いちにちを大事に過ごしていきたいです。
 

名無しさん
15時間前
記事の中の「依存」とか「ロス」とかっていう言葉、なんかイヤだな。
身近な人が亡くなったら寂しいのは当たり前だから。
父親が急逝して20年ほど経つけど、そこから学んだのは
「出来ることはすぐやる事」
それは父親の後に亡くなった祖父母にもそう思ってやってきたし、健在の母親にも実践してる。
そうすることで、少しは後悔の念が減るかなと・・・
自己満足かもしれないが、一般的な順序から言えば親を子供が看取るから親が居なくなった後に「〇〇すればよかった」とネガティブに生きていくより元気に生きていく方が親は喜んでくれると思うから。
でもな、母親が居なくなったらポッカリ心に穴が開くのも想像できるな。。。乗り越えられるかな。。。
 

名無しさん
16時間前
たくさん後悔して、いっぱい嘆いて泣けばいい。そのうち全て出し切ったら、気が治る。
ここに書かれている人たちの亡くなり方を羨ましいと思う。連絡が来て、病院へ着いた時は、もう亡くなってました。2日前に会って何もなかったのに、大動脈解離で、呆気なく亡くなってしまった。
覚悟も何もなく、本当に突然に…
パニック症にもなったし、鬱にもなった。早く立ち直らなきゃって思えば思うほど悪化した。苦しかったけど、もう、頑張るのをやめようって、思えたとき、改善してきた。きっと、あのときこうすればよかったと、後悔ばかりしていたらその悲しみから癒えることは無いと思う。
悲しむだけ悲しんで、悲しみにどっぷり浸かってもいい。でも、その後は、ちゃんと、もう終わったことだから、悔やんでも仕方ないって、後悔を捨てないと辛さはいつまでも続いてく。
悲しみ嘆いた後に、もう戻ってはこないって、諦められるのかもしれないですね。
 

名無しさん
15時間前
私は父を亡くした時軽いうつ病を発症してた
父以外の家族とは体質や性格が違うため唯一の味方を
亡くしたような気がした
父のことを思い出しただけで涙が止まらなかった
友達も少なく一人暮らしで余計に辛かった
でも何が辛いのかがわからないけどただ辛かった
周りはまだ親を亡くしてないから酷いことも言われた
うつ病の薬を飲むと仕事にならないために薬を飲まず
ただ時間が過ぎるのを待った
おかげで私の30代はうつをやりすごすためだけに使ったので
仕事のキャリアアップも何も出来なかった
あの時うつ病にならなかったら、父が亡くなるのが
もっと遅かったら今の自分が違っていたと思う
親を亡くすのは辛い
 

名無しさん
15時間前
親を亡くした時誰しも、あの時、あーすれば良かった、もう少しこんな事をしてあげれば良かった、、、と思いますよね。
後悔は尽きません。
でもその時、その時、家族は賢明の判断をします。
良い結果に結び付けば、その判断は良かったと思えるし、その逆なら後悔しか残りません。
でも、先は誰にも分からないんですよね。
自分も親になり分かる事は、子供に対して親は感謝しか無いんですよ。
仮に亡くなったとしても、親は有難う、、、と思ってくれてるはず。
その後、遺された人間が懸命に生きる事が何よりの親孝行だと思います。
 

名無しさん
14時間前
私も20歳の時、癌で母をなくしました。誰にもやさしくて近所では評判が良かった母。まだ社会人一年目だった。親孝行したい時には親なしとはよく言ったもので、初任給でお菓子を買って帰った時はもう食べれる状態じゃなかった。仕事もこんな事が出来るようになったんよって見せたけど、母は悲しい顔してた。もう27年も前のことだけど。でも、亡くなった後、亡き母を泣かせることはしてはいけないって頑張った!仕事ができなくても食らいついて。今を思えば、もし母が生きていたらここまで頑張れなかったと思う。甘えてばかりだった自分に喝を入れてくれたんだと思う。亡くなったけれど、心の中に生きてる!同じような体験をしている人はいると思うけど、泣かせることをしてたまるかって、負けてたまるか!って頑張ってほしい!
 

名無しさん
16時間前
お母さんって、やはり特別な存在。
自分の全てを受け入れ肯定し無償の愛をくれる。例え最期の別れがゆっくり出来たとしても、そんな存在を失った心の痛みは相当なものだと思う。
 

名無しさん
16時間前
両親が亡くなったら、その穴は何をしたって埋められないとは思うなぁ。
 

名無しさん
13時間前
母が意識がなくなり、ちょうど1ヶ月。亡くなって、15日目です。
首吊りでした。
何を思っていたの?何に苦しんでいたの?
直前まで、笑顔で手を振っていたのに…。
更に、容赦なく過ぎる日常に、泣いて過ごす事もできず、生きていかなければならない。
涙を見せず、忘れたように笑って過ごさねばならないことが、今は楽だけど、いつか歪みが来るんでしょうか?
ただ、もう一度、母に会いたい。
 

名無しさん
15時間前
私も、今は母は元気だけど、いつかそのときが訪れたら耐えられる気がしない。
どうしよう。。。
想像するだけでつらいよ。
 

名無しさん
13時間前
先月母を亡くしたばかりの私も少なからずそういう症状が出ている気がする。
闘病中から亡くなるまで、ほとんど飲食できなかった母を見ていたためか、
私自身も食べられなくなって体重が減るばかり。
ガン宣告から一ヶ月と経たずに旅立った母だった。
前日まで、家族とちゃんと会話ができるくらいの元気はあったのに、
「明日も来るよ!」それが母と交わした最後の言葉に。
翌日の明け方病院から電話をもらって駆け付けたけど、
到着した時には心肺停止状態だった。家族の誰も最期を看取れなかった。
通夜と告別式までは涙も出なかったのに、出棺と火葬場では親戚の前で号泣した。
母には親孝行らしいことをほとんどできないまま、永遠の別れとなってしまったけど、
果たして母は満足して旅立ってくれたのだろうか。
私自身は母の子としてこれまで生きてこれて、最高に幸せだったよ。
いずれ私も父を見送ってからそちらに行くので待っててね。
 

名無しさん
15時間前
私も、24歳の時母が47歳で胃癌で亡くなり今だに、寂しい気持ちがあります。今私は、53歳で30年近くなるけど、子供が小さい時は育児に追われて寂しさが紛れてたけど、今又1人になって、母が生きていたら旅行や買い物にもっともっと楽しみたかったなぁ〜と思います。
 

名無しさん
15時間前
母を亡くしたときは、父親の100倍辛かった。
小林麻央さんの子供たちの事をつい考えてしまう。
私は43歳でしたが、小学校に上がる前の子供たちの悲しみはいかばかりか想像すらできません。
健やかな成長を祈ります。
 

名無しさん
12時間前
胸が締め付けられますね。
今年、1月突然母を亡くしました。
2年前には父を…父の2年前に妹、その1年前に兄を亡くしました。兄と妹は、癌でした。
父と母は、心疾患でした。
妹の死後、鬱になりました。苦しくて息をする事が出来なくて、泣いて泣いて泣いて。
ツライんだけど、毎日朝がやってくるし
子育てしなきゃだし。
でも、薬を飲んでる間は少し楽になるので
我慢せず飲みました。
父が、他界した時から旦那さんが支えてくれるようになり前向きになれるようになりましたが…そんな時に、母を失いました。ツライです。
寂しいですね。でも、時間は止まらないんですよねー。みんなのコメント読んで頑張ろと思った。
 

名無しさん
14時間前
母が癌で亡くなって16年、喪失感は今もなくならないし後悔は年々強くなります。自分が母の年齢に近づくほど、あの時どうすればもっと母を喜ばせられたか分かってくるからです。
でも、忘れられない母の笑顔があります。
入院中の母がある日とても嬉しそうにしていて、聞けば他の患者さん達に娘(私の事です)を褒められたと。私が良い人間であり、私が幸せである事は、母としての彼女の人生が肯定される事なんだと理解できました。
だから私は鬱になんてなっていられませんでした。寂しくても悲しくても笑っていたし、会社が倒産しても自分が癌になっても笑っていました。
そして気づきました。その力こそが母からの最大の贈り物だったのです。
解決なんてありません。
ただ大好きなお母さんがどうすれば一番喜んでくれるのか、それを考えるだけです。
 

名無しさん
15時間前
17年前に父を亡くした時は肺がんだったので、ある程度は覚悟していましたが、母が1年半前に亡くなった時は病気もなくて急死だったので、その時は何がなんだか訳が分からない状況でした。やっとのことで、墓参りに行った時に墓石に両親の戒名が刻まれているのを見て改めて両親がこの世にいないということを認識できましたが、今まで電話で連絡を取り合っていたことができなくなった事はさびしいです。
 

名無しさん
14時間前
いま
介護している私です
いつまで続くのだろう
という思いと
どんなにしんどくても
生きていて欲しいという
思いが
行ったり来たりです
ただ言えることは
永遠ではないと言うこと
人はいつかは
亡くなります
やりきったという
までやれることは
やってあげるのが
ロスにならない唯一の
ことだと今は信じています
 

名無しさん
12時間前
10年前に母をガンで看取りました。
その時、母は56歳、うちは父も40代で病死したので、両親ともに、空の上です。
母は父の死後、1人で兄弟を大学まであげてくれました。
きっと、子どもには見せなかったけど、辛かったはずです。
もっと親孝行したかった。
母が死んでしばらくは、年配の方を街で見ると、
なんでうちの親は早死にしてしまったんだろうと、くよくよ考えていました。
でも、人生はきって長さではないですね。
母の注いでくれた深い愛情に、今はただただ、感謝しています。
母のことを思い出すたびに、他人に優しくなれる自分がいます。
 

名無しさん
16時間前
10代の頃はそう思ってた。罵声を浴びても殴られても、母を亡くすのが不安でしょうがなかった。
20代の頃から徐々に母の異常さに気付いた。意識して距離を置くようにし始める。
30代の今、自分の結婚式を散々邪魔されて、さっさと亡くなってくれれば良いのにと思うほどになった。
ロスになるくらい、愛情がかけられる母がいるのは、本当に羨ましい事です。
 

名無しさん
15時間前
確かに、いつまで経っても、後悔することばかりだし、命が終えようとしている時、どんな気持ちだったんだろうとか、母のことを考えると、深みにはまっていく感じです。
そんな時は、とことん考えて考えます。
そうすると、考えても答えが出ないことに気付いて、考えるのをやめます。
それの繰り返しで、少しずつ受け入れています。
 

名無しさん
14時間前
父を胃ガンで亡くして7年
今でも悲しいし、会いたいです
亡くなってしばらくして夢に出てきた父
私がそっちに行きたい、と言葉にしたら
どんなに年をとった私でも私は私、必ずまた会おうと言ってくれました。ずっと見てると。
それからは少しずつ現実を受け入れ、
私が死んだとき 頑張ったね、と言ってもらいたくて日々頑張ろうと決意しました。
確かに夢は夢だけど父ならそう言っている気がして笑顔でいなきゃきっと悲しむだろう、今はそう思います。 
私が父を大好きだったように
父も私を大好きだったと思うからです。
 

名無しさん
11時間前
親を亡くすということは、想像以上に辛い。
母を送って父を送って8年、母を送って5年たつが、ちょっと歳をとった両親と買い物している人とか見ると涙が出る。
とても羨ましい。
素晴らしい思い出もたくさんもらった。
病気になったときは、覚悟もした。
でも辛い。
無条件で自分の見方になってくれて、愛してくれる存在だと思う。
 

名無しさん
11時間前
3日前に母が他界しました。葬儀を終え、父と二人家に戻りました。まだ実感があまりありません。母は乳ガンで入院していました。小林麻央さんと同じくらいに酸素呼吸器をつけることになり『彼女と一緒だわね』と、テレビを見ながら明るく振る舞う母。彼女が亡くなった報道をどんな気持ちで観ていたのだろうかと思うと心が痛みます。
亡くなる前日の夜、パンパンにむくんでいる母の足をいつものようにさすってあげていましたが、夜23時くらいに疲れて私が一旦家に戻った途端に、体調が急激に悪くなり、明け方駆けつけた時にはもう意識がありませんでした。一人っ子の私は、出張が多い父の為母と友達のようにとても仲が良かった。
久しぶりに戻った母のいない実家は、何処に何があるのか分からず、ただただ戸惑う半日でした。これから少しずつ寂しさを実感するのかな…。一人っ子&独り身。これから先父と二人、何か気を紛らわす物を見つけないと辛いです。
 

名無しさん
11時間前
生前してあげられなかった事を悔やむ事があっても、きっと親なら「ありがとうねー。そんなに想ってくれて嬉しいよ。」ってあの世で見ていてくれているはず。親心はきっとそんなもの。無償の愛ってそんなだと思う。
 

名無しさん
14時間前
私も8年前に母を亡くしました
膵臓ガンステージ4発症して1年で逝きました
最期に立ち合えず今も後悔しかありません
亡くなった直後から葬儀あたりまでの記憶が途切れ途切れで火葬場でのお別れのとき倒れたらしいのですがそれも覚えておらず旦那と義母に助けられました
うつ病まではいかなかったと思いますが体調が優れず泣いてばかりでした
母には家族で話し合いの結果ガン告知はしませんでした
それが良かったのか今もわからずにいます
文章に出ていたCAさんのお話物凄くわかります
同年代の親子を見るのが今も辛く苦しくなります
 

名無しさん
14時間前
20年くらい前に母を亡くした。亡くなる数時間前、病室から帰ろうとすると母が突然意識を取り戻して私に何か語りかけようとした。うめきにしかならなかったが。1歳の子を義母に預けていて気がせいていたので、またあとでね、と声をかけて帰ってしまった。あれが最後とわかっていたら、ちゃんと話をすればよかったと今も後悔している。母とは、仲が悪かろうが良かろうが特別なものだ。その死になにかを思わずにいられないのはもうどうしようもない。時を待つ以外にないと思う。
 

名無しさん
12時間前
私も、母親を亡くして友だちが一緒にお買い物しに行ってたり飲みにいったりする姿を見ると羨ましく思ったりします。
難病が発覚して多統計萎縮症だったため寝たきりになり5.6年介護しながら過ごしてきましたが、その時は死ぬなんて考えもせず治ること奇跡起きることを信じてきました。
危篤になった時は、2回目の心肺蘇生のどうするか悩みました。ギリギリまで。母がまだ50歳過ぎた所だったので離れたくない、一心でしたが負担色々考え、泣く泣く諦めました。
でも旅立った時は、涙1滴もでず、お疲れ様って思いました。脳と心はしっかりしてるのに身体が自由が効かず本当に辛かっただろうなって。
通夜、葬儀の時も一切涙出なかったけど骨になった瞬間、崩れ落ち信じられないくらい泣きました
もう母に触れることが、できないんだなって。寂しいけれど少し離れて暮らしてるだけでまた会えると信じています。でも手紙くらい届かないかな笑
 

名無しさん
11時間前
”寂しさはなくならない。今も、ふとした瞬間に、悲しみのスイッチが入る”
それでいいのだと思いますよ。いつまでたっても母は母、その子供でいいのです。ただ悲しみスイッチが入ると出来るだけいっしょに過ごした楽しかったことを思い出しましょう。
ただ親はいずれは子より先に逝くものということも理解しなければいけないよ。
自分の母は60代でガンで亡くなりました。人生とははかないもの。自分もいつどうなるかわからない。恐がっていても、悲しんでいても仕方がない。とにかく歩んでいくしかないんだなと感じました。
 

名無しさん
11時間前
4年前か、母が突然天国へ引越し。
脚がガクガクしたよ。
衝撃。
葬儀が終わって田舎の実家を出発するときが強烈な悲しみに襲われた。
家に戻るとなんかピンとこないので毎日毎日葬儀写真をひたすら眺めてた。
知らなかったけどこれって心理療法にはいいことだったみたい。
自分も死んだら母には会えるだろうと思ったらラクになったな。
死んでいないのだからどうしようもない。
天国で会える日までお土産話をたくさん作ろうと思った。
まあ、究極の割り切り、だな。
 

名無しさん
11時間前
母の死にあたり後悔しない人は殆どいないんじゃないかと思う。
私自身9年前母を亡くしたけど数年は常に寂しく辛い状態でした。。夢で母を見て目が覚めた時のあの絶望感といったら。。でも、夢だけでも会いたいと思ってしまう。。
生まれてからの自分をずっと見てくれていて、自分が知らない時の自分を知っている存在が居なくなるというのは、もう身体を削がれるようなものだなと思いました。
時間が解決してくれて、少しずつ寂しさも癒えてきたけど、2年前に娘が生まれて、母はこうだったのかな、こんな風に私を育ててくれていたのかなと考える事が多く、また涙する事が増えました。
母自身に恩返しをする事は叶わないけど、母が私にしてくれた事を思い返して、娘を育てることが恩返しになればと願っています。
 

名無しさん
16時間前
両親も祖父母も健在やけど・・まあ、父親がなくなっても大人な立ち居振舞いできるけど、母親が・・とか 思うだけでも耐えれんわ。
 

名無しさん
11時間前
病院から呼び出しがあり、先生から母親が癌である旨の告知を受けた。
あまりにも事務的に受けての気持ちを考えもせずに淡々と説明を受けた。
最後に患者自身に告知をするかしないかをなるべく早くに決めてくださいと言われた。
あの時の時間はほんの数分だったと思うが、とにかく長い時間が流れているように感じた。
現実を受け止めようとする自分と否定したい自分と、そして告知の判断を迫られているという切迫感とで何も手に付かなかった事を思い出す。
鬱にもなり体調を崩し疲れ切っていた。
母が無くなる日は自分も同じ病院に入院をしていたので、母の病棟から急変の知らせを受けて、病室で母の最後を看取った。
でも今思うのは、言い方は悪いが、親より先に逝かなかった事が最大の親孝行だったかな。
 

名無しさん
14時間前
母親を高校生の時に突然亡くし
父もレビー小隊型認知症で徐々に弱っていって
若い年で心不全で亡くなり
つらかったなぁ
誰にもたよれなくて1人で仕事と介護に明け暮れて
母がもしあのとき突然死してなかったら
少し違ったんだろうかって思う
 

名無しさん
14時間前
かなりの人が親が亡くなってから親孝行しといたら良かったって思うもんだよ。親になって、そう子供が思ってくれるだけで嬉しいと感じました。
 

名無しさん
13時間前
13年前、当時37歳だった時に68歳の母を自宅で看取りました。自分では鬱だとは思っていませんでしたが、当時任されていた仕事が管理職で工場の利益計算を担当していたため、今まではキツいながらもこなしていた仕事が、精神的に出来なくなり、遠方への転勤命令も重なってしまい、ついには出勤が出来なくなってしまいました。今はもう立ち直っていますが、当時の精神状態は、今思えばボロボロだったと思います。
 

名無しさん
12時間前
悲しむだけ悲しんで、心の内を話せる人がいないと、ある日突然ダメになってしまうと思う。
なるべく明るくしようとみんなの前では気丈に振舞ってたり、それを続けてるのは危険。
大切な人が亡くなったときもそうだし、それ以外のショックな出来事とかもそうだし。
 

名無しさん
14時間前
私が中1の時に母を癌で亡くしました。亡くなって数年間はやっぱり辛かった。夢に出て来るたんびに、きっと母も私の事が心配なんだなって思いました。もう母が亡くなって32年になりますが、今では夢に出て来なくなったかなぁ〜
時が経てばなんとかなる
 

名無しさん
12時間前
母は84歳、骨折や脳梗塞と入退院を繰り返すようになり、年々老いているのを実感できる。
来年の春に桜が見られるだろうか?またお正月を迎えられるだろうか?
いつ別れが来てもおかしくない。と自分に言い聞かせて毎日を過ごしていますが、実際の別れとなると辛いでしょうね
 

名無しさん
11時間前
去年出産してすぐ母の癌が発覚。
子育ての不安と母の癌が治る状態なのか、、心配と不安でおかしくなりそうだった。
子育てしながら何もできない父の代わりに家事したり、、
なくなった祖父母の仏壇の前で母を連れて行かないで
っておねがいしてたな。
幸い手術して抗がん剤して今は元気。
もし亡くなったら絶対鬱になっちゃうかも。
8月に検査があるから再発してませんように。
当たり前だけど生まれた時からいるしいなくなるのは寂しい、
 

名無しさん
11時間前
認知症の母の介護が辛くて、きっと亡くなっても悲しくないと思ったけどやっぱり悲しくてたまらなかった。
8年経った今でも会いたくて夢でも嬉しい。
ただ、親の立場の私が思うのは順番が違わないで欲しい。
娘に立ち直って、自分の人生を楽しんで欲しい。
そして元気でいて欲しい。それだけ。
親の願いがわかるから、その願いの様に頑張って生きていきます。
それが最後の親孝行。
そしてまた会いたいです。
 

名無しさん
10時間前
旦那さんや子供がいる人はまだロス期間が少ないのかな…と考えてしまうときがあります。
適齢期を超えても未婚、小梨…友人は母くらいな自分は…耐えられない気がします。今から怖いです。
 

名無しさん
11時間前
うちは事故死だったので突然だった
前日まで元気だったのに
それ以降、なんか親戚身内知り合い関係の死に直面しても
人は死ぬもんだよ、いつか。それが今だっただけ、と無機質な自分がいる
参列してお経とか聞いてても、不謹慎だが、あーどうでもいいや
になる。涙も出ない
そして死後のイベントで金だけ減る
何やってんだろって
淡白なりすぎだろうか
 

名無しさん
11時間前
中川さんとほぼ同じ状況で母を亡くしました。治療をすると一時的よくなったりする時があるんですよね。だから自分の母なら強いしきっとガンに勝ってくれる、歩くのがやっとになるまでそう信じていました。メディアでよく奇跡的に回復みたいなことを取り上げますが、奇跡的に回復した人がいるなかでより多くの人が回復せずこの世を去っていることにそういった状況では気がつかないのです。。。

今でも最期の時を考えると涙が溢れるときがありますが、そんなときは、榎本さんがおっしゃった「僕がこの状態でいても母は決して喜ばないと思ったんです」このことをいつも考えます。

それに、肉体は滅びても魂は残る
そう信じて残された家族の会話で母の話をしたり今こんなこと思ってるよなんで積極的に話すことも大事なことだと思います。

同じ境遇の人がいると知るだけでも少し救われた気持ちになります。。がんばりましょう。、
 

名無しさん
10時間前
私も30歳の時52歳の母を悪性リンパ腫で無くしました。亡くなってからしばらくは、世の中がモノクロの世界に見えました。時間が経つにつれ少しずつ世界に色がつきはじめ、落ち着きを取り戻しましたが、5年たった今でも時々、あの時こーしとけば良かったかなとか色々考えます。亡くなってから気づく事がたくさんありますね。
 

名無しさん
17時間前
母だけじゃない、人間関係だけじゃない、
みんないろんなものを失いながら生きていく。
喪失感に浸って過去に生きるのではなく、
それを克服できるものを自分でみつけ、
つかんでいくことで明日がある。
 

名無しさん
14時間前
2ヶ月前、闘病の末に母方の祖母が亡くなった。
母は亡くなるまでほぼ毎日、病室を訪れては
食事を食べさせたり、肌のお手入れをしていたそう。
既に祖父を見送っており、覚悟はしていたと思う。
いまわたしは結婚して実家を出ており、
実家には両親がいるのだけれど
ふと、母のことが心配になるときがある。
いい歳して泣きじゃくるわたしに
「おばあちゃんはもう苦しむことはなくなったんだから」って慰めてたけど、
悲しいのは、わたしの比じゃないはずだから。
 

名無しさん
11時間前
3年前に父親を亡くした時(既に離婚していて他の家庭を持っていた)でも、色々な想いがありましたから・・・。
今は母が一人で暮らしています。毎日電話はしているのですが、
会えるのは年に数えるほどしななく。
母が亡くなったとしたら、自分が幾つになっても、引きずるんだろうな
と思います・・・。
親が子より先に亡くなるのは順番からしても当たり前で、何時か
来るのだろうと漠然とは思っていますが、本当に辛いと思います。
 

名無しさん
8時間前
私は高3の時に震災に遭い、母を亡くしました。
休日は一緒に買い物やごはんに行ったり、悩み事がある時にはいつも母に相談をしていたり、母とは本当に仲良しだったので、6年経った今でも、ふとした時に辛く、悲しくなることがあります。母の日が近づいてくると胸がざわついてきたり、街中で祖母・母・子の三世代で買い物していたりする家族を見かけた時にはどうしても羨ましく思えてしまったり……
でも、皆さんのコメントを読んでいて、悲しみや辛い気持ちを受容できるようになる過程とかタイミングは一人ひとり違っていて当然なんだよなって思いました。だから、いつまでも引きずっていてはダメだと思ったり、早く乗り越えなきゃと焦ったりする必要はないのかなと…
とりあえず、私はいま目の前にあることを、無理せず一つ一つ頑張ろうと思います。母に届くことを祈って
この記事と皆さんのコメントに出会えてよかったです。ありがとうございます。
 

名無しさん
11時間前
あと2ヶ月もすると、母が亡くなってから2年が経ちます。
いまだに居なくなってしまった事は信じられない不思議な感覚があります。
母がまだ少し元気な頃に、母が私に感謝の言葉をくれた。
自分に娘がいてあなたのおかげで幸せな人生だった、ありがとう、というような内容に、何言ってんのよと返してしまった。
あの時私もちゃんと感謝の言葉を言えばよかった。
あの時はまだまだ元気でいてくれると信じてお別れみたいな事は言いたくなかった。
楽しかった思い出はたくさんあるけど、後悔もたくさんあります。
こうすればよかったと今でも思います。
今もぽっかり不思議な気持ちで涙がでます。
母とたくさん話がしたいです。
 

名無しさん
11時間前
自分の母は20代の時に二度の浮気をして父の大半の貯金の持っていなくなりました。
それから20年近くたったいまでも今でも許せないし、会ったらころしてしまうかもしれないぐらいまだ憎い。
後悔して悲しみがある家庭は幸せそうでうらやましい。自分が後悔しているのは自分の手でこの世から消せなかったことが気持ちから消えない。顔も思い出したくないし、過去の記憶も思い出したくない。人生最大の汚点があんなやつの子供だと言うこと。今では三児の親になったが、間違っても同じ愚行はしないと誓っている。家庭を裏切る事だけは絶対にしてはいけない。
 

名無しさん
11時間前
うちの母も2年前に癌で逝ってしまいました。
モルヒネを打つ前、何度も吐くほど酷い状態でも
「葬儀屋の連絡先は分かってる?」と
最後まで子供のことを考える立派な母でした。
今思い出してもボロボロ泣けてきます。
外では泣かないけど家の中では何度泣いたか分かりません。
そのお陰?か、うつ症状は出ずに今も社会人として働いています。
泣いてスッキリはしないかもしれませんが
気持ちは落ち着きますよ。
 

名無しさん
8時間前
仕事も友達付き合いもすべてやめて母の介護だけに人生捧げたけど、それでも母ロス。
ここには解決する方法なんて何も書いてないし、時間が過ぎてもっと楽しいことが見つからない限り無理。
ここに書かれている本を読んでも何の足しにもならないってことがよくわかった。
でも、コメをみてこんなに同じ人たちがいることがわかって心強かったのが一番よかったな。
 

名無しさん
11時間前
私も35歳の時、母を62歳で亡くしましたが、自分の子供が4歳と1歳だったのもあり、最終的には死ぬ順番が逆じゃなくて良かったと自分に言い聞かせて納得しました。
 

名無しさん
11時間前
何でもグチを聞いてくれる母を亡くしたらどうしようと70超えた母の小さくなった背中を見て思う。
すごい心配性で時にはウザいと嫌になることも多々ありましたが、辛い時怖い時の心の声は『お母さん助けて』だった。
親孝行しなくてはと思うけど…つい小言が…
母が亡くなったら絶対悔いが残るだろうな。
父に関してはそこまでの気持ちがあまりないのは自分でもなんか悲しい。
 

名無しさん
10時間前
元気にジムにも通って体を鍛えてる父親を突然の交通事故でほぼ即死の状態で亡くした。私の第一子の1歳の誕生日の2週間前に。初めての誕生日だからすごく楽しみにしていたらしいのに。
54歳だった。
本当に3回忌が終わるまでは毎日泣いていた。
辛かった。しかもなぜか亡くなる2日前に喧嘩をしてて、、、
父との最後のメールが『今までありがとう』という言葉だった。
本当に後悔しかない。
けど、親の死を看取る。
これが一番の孝行なのかもしれない。
 

名無しさん
9時間前
皆さんのコメントを見てちょっと救われた自分がいます。
五年前膵臓癌で母を亡くしました。癌が分かった時には余命1ヶ月。
亡くなってから…亡くなったと実感出来ず寂しくて買い物依存症になりました。精神的にも立ち直る事が出来ず…誰にも分かって貰えないと随分落ち込みました。身内を亡くした事がない人に同情される事に素直に応える事が出来ない時期もありました。きっとその時期は鬱だったのかと今更思います。あれから五年。まだ寂しくて泣きたくなったり辛くなったりしますが…どん底まで落ちた自分がいるから今は這い上がってる途中です。母に見られてると思うと頑張らなくてはと思う様になりました。人は2度亡くなる。1度目は心臓が止まった時。2度目は誰かが自分の事を忘れた時。この言葉に救われ今では母の事を思い頑張れる様になりました。
 

名無しさん
10時間前
私も、一年前に母親を亡くしました。
正直、やり切った感は、無いです。
後悔ばかりです。
母親が病気になる前に私自身もパニック障害になり、まだまだ通院中。
時間が解決してくれるのかも知れません。
 

名無しさん
12時間前
娘に限った話ではないと思いますが、もし母親を亡くしたとしてその先を想像できません。
独り身だから後で後悔しないように、時間ができたら喜んでくれるような場所へ連れていったり様々なことをしてあげることを優先してますが、優先すればするほどそのいつかが怖いです。
そのとき、もし自分に何かしら守るものや生きている意味のあるものがなかった場合、両親の後を追ってしまいそうな自分もいそうで。
 

名無しさん
10時間前
娘の私の方が癌になり、母と一緒に告知を受けました。
その時の母の様子は忘れられません。ごめんね、って泣いてました。
どうして謝るのかなと思ってました。
入院中は、吐くたびに背中をさすってくれて、その手の気持ちいいことといったらなかったです。
母の手の感触も、私を心配する声もずっと忘れないでしょう。
今は離れて暮らしてますが、
母に会いたい時は、宇多田ヒカル花束を君にを聴きます。
宇多田ヒカルが母を思って書いた曲で、詩がいいです。泣けます。
お母さん、もしあなたがいなくなったら、私はどうやって生きていったら
いいのでしょう。
 

名無しさん
9時間前
離れて暮らしていましたが、亡くなる前にたまたま帰り、その時に今まで言えなかった思いをたまたま話しました。その話をした事によって結果として、母には私の育て方に対して後悔をさせました。その少し後たまたま母に電話をして話している最中に心筋梗塞で亡くなりました。手帳を見ると私が帰った後に、体の不調が記入してあり、私が話した事により眠れなかったのではないかと思いました。ストレスを与えてしまった。私が原因かもしれません。親戚、友人らは何も言いませんが、お前のせいだと言いたいのではないかと思います。葬儀や、その後の片付け等で、惜しむ声を聞くたびに母でなく私が死ねばよかった。と思ったのを覚えています。仕事も接客業でつらいです。テンションなんて上がりません。無理してもやりきれません。部下を引っ張る事なんて今出来ません。上司に話しても分かってくれません。誰に話しても話になりません。ただ休みたいです。
 

名無しさん
11時間前
私が大学生だった時に、母がガンになり、8年間闘病の末昨年亡くなりました。ガンだとわかったその時にそれが鬱だったのかはわからないけどものすごく辛い日々を過ごした記憶が思い起こされます。
その後、就職し、後悔しないために家族で旅行等も行きました。いずれ直面するであろう死という現実を相当な覚悟もって日々考えていました。
残念ながら転勤先で危篤が伝えられ親の死に目には会えませんでした。
また以前のような気持ちになるのかなと思っていましたが、不思議におのすごく冷静に受け入れている自分がいることに驚いています。
おそらく私自身で覚悟もしていたし、後悔はあるにしろ、受け入れられないほどの後悔ではなかったのかもしれません。
ご両親・兄弟がご健在なら「当たり前のいま」があることを幸せに感じて欲しいし、出来る時に家族孝行・親孝行して行くことがひとつ死を受け入れるキーになるのかもしれません。
 

名無しさん
9時間前
私も3年前に母を亡くしました。母が辛い思いをしている間に何もしなかった自分を許せず、自分は幸せになどなってはいけないと思っていた時期もありました。でも母はきっとそんな事は望んでいないと思い、今は幸せになれる道に少しづつ進んでいます。
しかし、いつこの悲しみから抜け出せるのでしょうか。本当に時間なのでしょうか。。
そして周りの大切な人達もいつか親の死を経験し、この悲しみに直面する時が来るかと思うと居ても立っても居られないです。私にできる事は一緒に泣く事くらいしか出来ないときっと思います。
 

名無しさん
12時間前
3年前父を亡くし、その後1年も経たずに母を交通事故で亡くし、あっという間に両親を亡くしてしまいました。元気だった両親、いつまでも長生きしてくれると思っていました。電話すれば話が出来ていたのに、それも叶わなくなって、気がつけば声が聞きたくてしかたありません。親というものは本当に良いものです。親孝行出来ていたかなと今も自問自答している毎日です。
 

名無しさん
10時間前
母を亡くして一年半。まだ私の年齢で親を亡くす人は少ないので、会社の同僚、上司などはどう対応していいのか判らなかったと思う。なぐさめの言葉とかも少なく、なんて冷たい奴らだ、と思った。
(近くに親を亡くした方がいたら、遠慮せずに。本人は嬉しいです)
仕事が終わって1人になると、決まって母を思い出し泣いてしまう。一年近く続きました。時間はゆっくり、ゆっくりとですが癒してくれます。が、生きる目的のうちの幾つかは、確実に無くなったと言えます。皆さん、生きているうちに有難うって言っておきましょうね。
(この頃、宇多田ヒカル真夏の通り雨がシンクロして、泣けたなぁ)
 

名無しさん
12時間前
ロスになるほどいい親なんて羨ましいわ
 

名無しさん
11時間前
2017年5月初旬に妻の母が他界。
その後、私が脳梗塞で入院。
5月末には退院し、リハビリ。
6月になり私の母が心筋梗塞で他界。
私が喪主。
6月末で会社が事業撤退。
7月リハビリと母の遺産整理
私自身の再就職活動。
こんなにバタバタとしていて、
哀しみとロスの時間もできないのは、
母の思い遣りなのかな?
49日まで息つく暇もない。
 

名無しさん
9時間前
皆さん色々な経験をされて乗り越えて生きているのですね。
コメントを読んで思いました。
私は昨年母をガンで亡くしました。父は一昨年にやはりガンでした。
母はいつも自分より家族優先。とにかくマメでよく尽くす人でした。
父が亡くなり少しゆっくり自分の人生を謳歌して欲しいなと思っていた矢先、父の後を追うようにあっという間に旅立ってしまいました。
記事を読んで私も母ロスかも・・と思うようなところはあります。
とにかく、亡くなるという言葉を聞いたり連想させる本やTVを見るたび泣いてしまいます。
もう暫く時間はかかると思いますが私も前向きに頑張らなきゃと改めて思いました。
 

名無しさん
12時間前
看取れなかったのは痛恨の極み
離れて暮らしてる人は、一年に何回会えるか考えてみてください。
年末年始だけだとしたら一緒に過ごせる時間は限られてますよね。
 

名無しさん
10時間前
私は三年前に夫を突然亡くしました。
いまだに現実と思えない時もあります。
今までいた人がいなくなった寂しさ、悲しさ、辛さ。
喪失感は言葉では言い表せない。
やっと世の中に戻りつつあります。
両親は健在ですが、年々年老い果たして1人で支えていけるのか、母が亡くなったら私は耐えられるのか自信はありません。
ただ立ち直る為に自分なりに努力し学びました。
亡くなるのは生まれる前に自分が決めた寿命だということ。
魂は永遠のエネルギーで消えて無くなったりは決してないことなど。
今でも寂しく涙も出ますが、わたしは生きる力になりました。
今世は一度限り。
やっぱり楽しんで生き抜こうと思っています。
 

名無しさん
4時間前
私の場合は、自分が母親でまだ小学生の一人娘がいます。2つ難病を患っていて、だいたいの余命も知って、生活しています。
私自身は毎日を家族と仲良く悔いのないように過ごそうと、色々葛藤はあるものの、前向きに生きています。
気にかかるのは、娘のこと。
母ロスになって、欝になってしまったら、大丈夫だろうか、、、とこの記事を見て、心配になりました。
小学生ですがすでに始まっている反抗期。
反抗期のまま、別れることになったら、、、
とか、せめて高校を卒業するまで、一緒に過ごせたら、とか、
色々な思いが駆け巡ります。
娘には余命の事は伏せてあるので、私が亡くなることで、ショックを受けないか、かなり心配です。
私自身が後悔のないように生きることで、娘の心に負担を掛けないように、しなければ、と考えています。
 

名無しさん
11時間前
「その日は急にやってくる」東京から離れて北大理学部に行った為、間に合わなかった。「何故、なんで死んだ、母さん」小さい頃から人と喧嘩をしてもまず泣かなかった俺に、涙が流れた。その時「人生プラスを取れば、必ずマイナスが来る」という言葉を思い出した。「マイナスは母さんの死だったのか。こんなことなら北大合格なんて要らなかった。もっと長生きしてほしかったよ、母さん、ごめんな」涙が後から後へと流れた。「卒業したら、嫁さんを見せたかったよ、やがては孫の顔を見てもらいたかったよ。母さーん」18年間雨の日も、風の日もいつも守ってくれて。何も返せなかった、してやれなかった。棺のそばで、顔を隠すことなく号泣していた。「俺の人生の為に、犠牲になった、済まない、母さん、もっと生きたかっただろう、母さん」「親孝行したいときに親は無かりけり。」言葉ではわかっていたが、こんなにも辛いことだったのか、を思い知った
 

名無しさん
10時間前
私が33歳の時に母《当時55歳》で亡くなりました。肺癌の末期でした。
異変を感じる4ヶ月前に、母が働いていた会社で異動式のレントゲン車での健康診断を受けましたが、何一つ引っかかることもなかったのに…。
母の親玉ガンが心臓に癒着しており、両方の肺も真っ白でした。
ガン発覚してから10ヶ月で旅立ちました。
私は結婚して子供三人おり、一番上が春になれば中学生になる前で、私には泣き言も言わなかった母でしたが、お世話になった看護師さんに【一番上の孫かね、今度中学生になるの。せめて、その姿だけでも見たかった…】と言っていたそうです。
私と母は母子家庭の一人っ子でしたので、辛かった…。もし、私に子供がいなければ、後追いしてました…。
この記事を拝見して【あ、母ロス】だったんだと今になってわかりました。
もっと話したかった。もっと怒られたかった。もっと喧嘩しとけばよかった…と感じてます。
 

名無しさん
10時間前
自分がまさしくそうで後悔しか無いから、記事最初の数行で泣いた。
両親が離婚してから20年近くずっと母子家庭で過ごして来たのに後悔してもしきれない。
余命数年と言われて頭では理解して事実を受け入れはしたけど、努力と根性の母が簡単に死ぬ訳ない、この先も変わらず一緒にって無意識に否定してた。
いつも通りふざけ合ったりしてたし1年は大丈夫だよねとか勝手に思ってその話題を避け続けた結果、1ヶ月後にお昼に診察受けに行った病院内で急変。
夜に意識取り戻した母と、次の日に必要なものとか入院の話とかを少しして、またね~って帰宅した。
次の日の朝に行ったら意識がまた無くなってて、数時間後にそのまま、ごめんねもありがとうも伝えられずに亡くなった。
母の遺影見て辛いのも分かるし、看取った時の記憶がフラッシュバックしては泣いたり、心臓が痛くなって呼吸がしづらくなる。
もう少しで3年になるけど、まだ乗り越えられない。
 

名無しさん
11時間前
身内の葬式でもあんなに悲しいのに自分の親が亡くなったらどれほどの悲しみが襲ってくるんだろう。
だけど長男である自分は悲しむ前に諸々の手配など済ませなくてはならず悲しむ暇もないのだろう。。
まだまだ元気だけどいつかそういうことがきたときのためにそういう準備の手配のまとめサイトを見てるとなんて薄情なのかと思う自分がいる。
葬式ってお別れの場だけど悲しみが一気に集中するからとても辛い。
出来るならば静かに厳かにひっそりと終わらせたい。。
ただやっぱり、絶対辛いだろうな
 

名無しさん
4時間前
自分が経験して感じたことです。
誰しも自責の念に駆られるのはやむを得ないこと

しかし1日も早く立ち直り、普段の生活を取り戻さなければならないのです。
仏教では葬儀が終わってから、49日まで毎日3食仏様に食事を供えなければなりません。
これはかなり大変な事ですが、喪失感から食事も喉を通らないなんて言ってたら駄目、ちゃんと食べなさいという意味なんだと感じました。
実際、義務感からでも食事を作れば、少しは食べる気にもなります。
ところが四九日を過ぎ、3食作らなくてもよくなった途端に自分も食べなくなってしまいました。
節目節目の法要では親族が集まります。ちゃんと生活しているか?生活は乱れていないか?確認と励ましの意味だと思います。
最近は供養にお金がかかるとか、大変だと無宗教や火葬のみが増えているようですが、仏事は遺族が生きる力を取り戻すために組まれたプログラムなんだと思います。
 

名無しさん
9時間前
今、実父がガンです。最初は骨肉腫とか言ってたんですが、胃がんからの転移で検査の結果、どうやら全身らしいです。(臓器も骨も)今は痛いところから放射線で腫瘍取って、抗がん剤を飲んでるらしいです。医者には治らないって言われました。
ということはいつか亡くなるんだなって感情が先にきました。でも嫁に出たこともあり、更に子供もマメに会わせてるのもあり、なんだかもうそれでやり切った感があります。
もともと親子の関係が薄い(基本会話少ない)ので、今更、じゃぁ親孝行で旅行とかって気にもなれず(主人からは行け!いわれている)、個人的には率先して介護や今病院へ連れていくのに大変な母親やお嫁さんを手伝ってあげたいな、という感情の方が大きい。
主人にはわかってもらえず、悪人扱い。まぁ、実家は基本感情表現が下手な家族なので、今までプレゼントして旅行行っても楽しかったとか一言も聞いたことないけどね。
 

名無しさん
10時間前
私も親を亡くし支えとなる方も近くに居なかったものですから、居て当然の存在だけに、生前の事を振り返ると、自分自身が許せないのもあったり親孝行出来なかったという自身にたいし不甲斐ない気持ちや、忘れられずに復帰するまでにはかなりの時間を費やしました。鬱にになったり、仕事に影響したり、乗り越えるまでに5年くらいかかったのかもしれません。いつどうなるか判らないのが人生ですが、両親が健在の方は
恥ずかしがらずに、精一杯親孝行や、思い出作りしてください
私のように後悔しても遅いと思いますので
 

名無しさん
9時間前
2週間前に母を亡くしました。持病もあり、今年は入退院の繰り返しで主治医からも今後の話を何度も説明されていました。退院後初めての診察で喉の乾きが強い事を言ったら薬がひとつ中止になりました。その後から体が浮腫何度も外来に行きましたが、母が入院したくないって言ってるし、家族が受け入れないと!と言われて帰宅。2ヶ月で7キロ増えやっと入院。私はこれでやっと治療してもらえる…助かったと思いました。しかし、腕も浮腫で点滴のラインがなかなか取れず、呼吸困難で食事も水も摂れないと日々変化し亡くなりました。先生は残りわずかな命を家族で過ごしてほしいと思われたそうだ。でも、私はもう少し早く入院していれば母をこんなに苦しめずにすんだのでは?私が喉の乾きが強いと言わなければ…と後悔ばかり。正直生きてる事も辛い。亡くなる前は泣いてばかりいたが、今は悲しいし苦しいのに涙が出ない。お母さん、本当にごめんなさい。
 

名無しさん
11時間前
同じ想いを抱えてる人がこんなにたくさん。。。
30代で母を亡くして10年。
40歳も過ぎて
その現実から立ち直れない私は
どれだけ母に甘えてるんだ
どれだけダメな人間なんだと
ずっと思ってきた。
自分だけじゃなくて良かった
と言うのもおかしいけど
………良かった。
 

名無しさん
10時間前
わたしも10年前に母を亡くしました。母は49歳。難病でした。
絶対死ぬわけないと思ってたので、亡くなってからの喪失感。絶望感でいっぱいになりました。
10年経ち、忘れはしないけど母を想って泣くことは減りました。時間が解決してくれると思います。
 

名無しさん
10時間前
祖母が亡くなった時、父と叔母のやり取り(ちょっぴり喧嘩っぽいかな)を見て、母親の存在は幾つになっても大きいのだと思いました。
祖父の時にはなかったので。
哀しみ方がそれぞれにあって、端から見れば、二人とも哀しんでいるなと分かるのですが、お互いは譲らないというか。
哀しさの表し方、現れ方はそれぞれなので、グリーフケアの形も、色々考えさせられます。
 

名無しさん
9時間前
たぶん、自分の母親が亡くなっても鬱になるほど苦しまない。よくも悪くも精神的自立出来るよう育てられたから。自分の子供は全く逆に育てている。気持ちに寄り添った子育て。きっと喪失感で鬱で苦しむかも知れないなーと思うと自分の親の子育てが正しかったのかもしれないな。
 

名無しさん
11時間前
うちは母子家庭だったから、母親が亡くなった時は世の中に一人ぼっちになったような感覚だったなぁ…兄弟もいないから余計に。亡くなって6年が過ぎたけど、いまだにあの時ああしてればこうしてればって思っちゃうな。でも時間は戻らないから、自分は今を精一杯生きてくしかない。母親には感謝しかないです。
 

名無しさん
11時間前
私の学生時代の友人も長い闘病の末ガンで母親を亡くして鬱になりました。
仲間内で父親を亡くした子は居てもみんな母親は健在なのでなんて言葉をかけていいかわからなかった。
父親は亡くしたけど気持ち的にも遠かったので母親は常にどんなときもそばに居た。
なので私自身も亡くなるとか考えられないし、もし居なくなったとき普通じゃいられない。
兄はとくに母親と仲良しでもし母を亡くしたときに兄の精神状態も支える自身がない
 

名無しさん
10時間前
私も覚悟してます、5年前に父がスキルス胃がんで亡くなり、今年母が亡くなった父と同じ歳を間も無く迎えます。当たり前だった母の存在が刻一刻と別れに近づいてしまっている事を、最近は思い知らされる毎日です。最低限の親孝行は独り立ちをしっかりする事だと、分かっているはずなのに、私は今鬱で仕事もリタイアしてしまいました。男の子ではあるので、せめて結婚して安心させたいなと思う、今日この頃です、簡単ではありません。離婚が分かるような結婚や、親より先に旅立つ事が、最も親不孝な気がします。
足踏みして、ジレンマに苛まれる状態でも、一線を超える事は一筋縄では済みませんよね。
 

名無しさん
10時間前
私も覚悟してます、5年前に父がスキルス胃がんで亡くなり、今年母が亡くなった父と同じ歳を間も無く迎えます。当たり前だった母の存在が刻一刻と別れに近づいてしまっている事を、最近は思い知らされる毎日です。最低限の親孝行は独り立ちをしっかりする事だと、分かっているはずなのに、私は今鬱で仕事もリタイアしてしまいました。男の子ではあるので、せめて結婚して安心させたいなと思う、今日この頃です、簡単ではありません。離婚が分かるような結婚や、親より先に旅立つ事が、最も親不孝な気がします。
足踏みして、ジレンマに苛まれる状態でも、一線を超える事は一筋縄では済みませんよね。
 

名無しさん
11時間前
家族を亡くして落ち込む時間があったり鬱になっても生きていける境遇を羨みます
そんな幸せを感じて欲しい
 

名無しさん
10時間前
私は92歳の母を4月に亡くしたばかりです。要介護5になり施設に入っていた母は毎週私が来るのを時計を見て待っていました。ここ2か月は葬儀から忌明け法要、役所関係の手続きが終わり呆然とする日々です。遺品の整理をしながら手を止め、色々と思いをめぐらすばかりです。
 

名無しさん
14分前
10年前に母親をガンで亡くしました。
その頃は出かけたりして仲の良い母親と娘の姿を見るだけで辛くて、母親を亡くしてしまった事を人にもいうのがイヤで、母親を亡くしたって言うと必ずかわいそうって言われるのが本当にイヤでつらくて、最近やっと、母親の話しになったら
「うちはもう亡くしてるから」とサラッと言えるようになった。
でも、やっぱり生きてたらって思う。
子供が3人いて、見せてあげたかったなとか
一緒に何処かに連れて行きたかったなとか
一軒家を持てて一緒に住みたかったとか。
それでもやっぱり時間が解決してくれる。
母親を亡くして自分が辛かった分自分は長生きしなきゃなと思う。
 

名無しさん
11時間前
2007年に父を自殺、2008年に母と祖母を病気、2011年に祖父を病気亡くして…
特に、母の件は…何と大学入学式2週間前に急にやからな。
何とか、修業年限ギリギリで卒業をしました。
大学の部活の新歓に偶々誘われて部活入りましたが、今となると、あの時入ってなかったらって思うとゾッとする。
色々な方に世話になりました。
しかし、就活時に「身内亡くして…。」って言ったら、世間的に言い訳ととられてしまう。
メンタル弱いからって…。
そんな社会が、ほんとに許せない。
 

名無しさん
9時間前
自分に家族がいればいいが、年取って独身だ辛い・・・
※中年以降に母を亡くしても、まわりは当然とい扱いですね。
孫の顔を見せられず、後悔を感じてしまう。
仕事が忙しいく・遠く離れていて、上京後はほとんど会えなかった。
 

名無しさん
4時間前
母が乳癌で亡くなってから8年経ちますが思い出さない日はありません。今も実家には母のものがたくさんあります。最近やっと遺品整理らしきことを始めましたが正直思うようにできていません。衣類整理をした時、私が小さい頃に着ていた服がたくさん出てきました。単純に捨てれば済む、整理が行き届いてないだけと思うかもしれません。でも母のことだから孫ができたら着せようと思っていたに違いないと考えては手が止まります。そんな些細な考えを素直に話せればいいですが、父や兄にさえ打ち明けられないから未だに乗り越えられないのかなと思ったりもします。確かにクヨクヨすることも多い私ですが、病気から解放された母は大好きな裁縫ややりたかったことを思う存分楽しんでいるかもなんて考えると少しだけ心が軽くなるような気がします。お母さんがいる方はいなくなることを想像するよりも一緒に(できればお互い笑顔で)いられる時間を大切にして欲しいです
 

名無しさん
10時間前
父親がなくなっても泣かないけど、
母親が亡くなったら泣いてしまう。
母親は偉大だ。音の親には絶対に同じに成れない。
 

名無しさん
7時間前
母ロスという言い方は好きではない。軽く扱いたいのかという気になる。
自分の場合は、なくなってもう20年近くになるが、
今でも、あの時もうちょっと何か出来なかったか、もう少しいい対応が
出来なかったのかという思いは出てくる。
これはもうきっと死ぬまであるんだなと覚悟している。
でもまだマシだ。なくなってから結構長く電話の音に毎回ドキっとする、
その反応が治らなかった。医師から後半年くらいと聞いてからの反応だった。
違うとわかると、一安心するが夜や朝方にかかってくるのが怖かった。
それが日にち薬で治った頃に、後悔の思いが強くなった。
でもきちんと線香あげて手を合わせると見守ってくれてる気がする。
 

名無しさん
10時間前
確かにそうかもしれませんね。
喪失感に寂しさもあるし
僕も5年前父を癌で亡くしました、毎日思い出さない日はありません。
後悔しても仕方ないですが
母親を見送るときはまた違うと思います
自分の死で家族が体調に支障が起きる事は故人様もお望みではないでしょう。
そう考えて心穏やかに過ごせる時が来ますよう願っております。
 

名無しさん
12時間前
年に1回でも良いから故人に会える機会があってほしいと思う
 

名無しさん
13時間前
そろそろ親のために、もっとしっかりしなくてはならないのだと思う。
けれど残念なことに、歳だけは成人したけど中身が追いついていない。
早く中身も追いつこうとしたけど、そうしたらパニックになった。
だから親には悪いけど、生きてる間に親孝行は出来ないかもしれない。
長生きしてくれたら出来るかもしれないけれど、少なくともしばらくは無理だ。
 

名無しさん
12時間前
私の母はまだ生きてます
当たり前のように生活してることが当たり前な現在だから
いつか亡くなるなんてことは考えない
だからこそ亡くなった時は当たり前に生活してきた以上の贅沢を
してあげたらよかったと後悔するかもしれない
あー でもいつか亡くなると思ってても思いたくないですね
 

名無しさん
10時間前
親が亡くなるのは悲しいと思います
でも毒親と言われる親がいる人はここまでロスにならない。むしろ切り替えられるチャンスかも知れない
人それぞれだと思う
 

名無しさん
10時間前
後悔するのは仕事のせいだと思います。仕事が忙しくて、末期ガンのペットを大事にしてやれなかった。とても辛かった。
こんな時に限って、ジャマされたり仕事量が増えてたりする。
お金さえあれば、日々の生活に追われることなく、イライラすることもなく、親を大切にする時間も持てるのに。
「美味しいカニが食べたい」とか、簡単に叶う夢でさえ、仕事のせいで休みもろくにとれず・・・そんなのは絶対にイヤだ。
バイト先の人は勝手に休む人が多い。決められた曜日以外も出勤しなければならないときがある。自分の欲を言い通していく人は得だ。その分自分の時間を持てるし、家族を大切にする時間も持てる。何の後悔もしない。
結局損するのは、後悔するのは、真面目な人、言いなりになる人なのかも知れない。
 

名無しさん
16時間前
親より先に死んではいけないな。子を失う辛さも親には耐え難い。親が自分が明日死ぬかもしれない、ならばどのように生きるかを毎日忘れずに問いたいと思った。
 

名無しさん
13時間前
人は必ず死ぬとわかっていても身近な特に自分の親がいなくなるという事に現実味を感じられない人が多数だと思う。
 

名無しさん
11時間前
私は4年前に継母であった母を亡くしました。異母兄妹になる妹との
差別や色々、親としてどうなの?と言う部分もある人でしたが・・・
いざ、突然に居なくなって見ると悲しいし、働き甲斐と言うか、生き甲斐の
一部を無くした様な感じでした。実の親子で娘となると結びつきや思いが
私の場合とは違うと思いますが、現実、妹の場合も そうでしたが、
仕方が無いんだと、未だ孤独死や帰宅したら亡くなってた。じゃなくて
良かったと思う事で何とか乗り越えています。ただ、時折、あ~すればとか
もう少し優しくすれば、色々思う事はありますし、いい歳して親の脛を
齧って当たり前な事を言ってるヤツが許せません。確かに孝行をしたい時には
親は無し!です。親御さんが元気な方は、せめて電話の1本や出来れば
顔を見せてあげて下さい。私の様な後悔をしない為に・・・
 

名無しさん
11時間前
こういうコメで肯定派が居るのは当然としても、反対派ではなく、茶化すヤツ凄いなと思う。
それに、反対派でもバカとかって言葉を使う人ってどうなの?って思うわ。そん時が来ないと分からない事なんて腐るほどある。死ぬ事が解っていても生きていかないといけない人間だって居る。茶化すヤツってこういう人の気持ちも理解できないというか、しようとしないんだろうなって思う。肯定派は感情的に共鳴できたとしても、反対派は理詰めで考える性質の人だろうから、それを記入しておいた方がいい気もするよ。なんでかって言ったら、その時が訪れたときに自分の考えを見直す、もしくは、そう言ったんだから、その通り生きようって思えるだろうからさ。
 

名無しさん
10時間前
去年、当時38歳だった時に68歳の母を亡くしました。2,3カ月仕事でポカするつもりないのにポカしたり、仕事中眠くなったり、精神的に悪るかったです。お盆を1回やって、現実を受け入れられたから今はもう立ち直っています。でも、母親がいる人見るとたまに寂しくなりますね。
 

名無しさん
11時間前
母が亡くなって1か月で父も私も
頭髪は真っ白、歯はボロボロ、父は30キロ体重が減り…
毎年、毎年、生きていれば60歳、70歳、80歳と
いつも心がざわざわし
うれしいことがある度、悲しいことがある度
胸が張り裂けそうになる日々でした
でも、生きていれば90歳と数えたころから
あの時に死んでいなくても90歳を過ぎれば…
生きていれば100歳と数えたころには
漸く胸のざわざわも張り裂けそうになる思いも…
だんだん心が平穏を取り戻しつつあります
今では私より母の方が若い
 

名無しさん
11時間前
5年付き合った親友を亡くした時、めっちゃ辛かった
もっと遊べばよかった、もっと話せばよかったと後悔ばかりしてる
そんな状態だから、今いる母が死んだとき、平静を保つ自信なんて一切ない
だから、今のうちに可能な限り親孝行したいと思った
とりあえず、実家から仕事に通ってるから、家事を手伝うところから始めた
今、母がまだ健在の方、後悔しないように、頑張ってみませんか
 

名無しさん
11時間前
母、父と立て続けに亡くしましたが、やはり闘病の末亡くなった母親の方がダメージが大きい。
せっせと立ち働く母親の姿を良く夢に見ていたが3年経過して漸く少なくなってきた。
時間も自由になるので夢にみると墓参りする様にしている。やはり時間が解決するのも大きいのかなと思います。
 

名無しさん
11時間前
一昨年の9月に父を亡くしました。今、1歳になる男の子がいますが、そのころは不妊治療の真っ只中。両親には治療していることを言わなかった。後から母から聞いたのだが、子供を作ることを考えているのかなーと言っていたそう。父が27年9月に国外で亡くなって、亡くなった日の次の日に弟と母と父のもとに向かった。日本への移送、葬儀の手配をしながら母に不妊治療をしていたことを伝え、父が荼毘に付される日に体外受精をした受精卵を妻に戻した。その息子が今は1歳。父に孫の顔を見せられなかったこと、ちゃんと伝えられなかったことを後悔しています。父が趣味で集めたミニカーを今は息子がおもちゃにしていることが、凄く嬉しい毎日。
 

名無しさん
10時間前
特に男性は…
そんなに悲しむなら、生きている時にもっと優しくしてあげればよかったのに…と周りは思うことが多いです。
親がいつまでも元気でいてくれると思っているのでしょうか。
 

名無しさん
10時間前
コメ欄読んでいたら俺だけ生きている時に親孝行が出来なくて、情けなく思っていたけどそれぞれ皆、悔いが残るって書いてあって、何だか少し救われたな。
ただ、生きている時にもっと聞きたいことがあったのが、今はもう聞き出す術が無いので、それだけは何ともならないな…
 

名無しさん
11時間前
母親を亡くしてから1年以上経つが母親がいなくなってからの記憶があまりないです。後悔しかないのが本音で、思い出しては落ち込んで怒りの感情が出たり、ここからいなくなりたいと思うことの繰り返しで、母親がいなくなってから充実感が一度もない。
 

名無しさん
11時間前
ウザいくらいに思っていた母親が私が23才の時に亡くなり、今さらになって愛されていた事に気付く。
もっと、気持ちを伝えればよかった…
もっと、話したかった…
もっと…………
 

名無しさん
11時間前
日本人は死に対してもっと普段からフランクに話してもいいと思う。
うちは父も母も昔から「俺が死んだら笑って見送って欲しい。それが無理でも、笑って思い出してくれたらいい」「人はいつ死ぬか分からないけど、私の人生は幸せ」などなど、よく死ぬことについて話しています。
そうすることで、喪失感はあってもしばらく経てばちゃんと前向きに未来に向き合えると思う。
相続とかもそうだけど、元気なうちから話すことが大切なんだよね。
私も夫にそうゆう話をたまにするし、娘にも物事が分かるようになったら軽く話すつもり。
 

名無しさん
11時間前
人それぞれ。
すべての人が
母が亡くなったとき
悲しむわけではないと思う。
 

名無しさん
11時間前
 精神的な繋がりとかではなく、単純に葬儀の準備やなんやらでキャパオーバーして鬱を再発するだろうなと予想している。長時間たくさんの人に気を使って接しないといけないから。しかも一人っ子だから相談する人間もいない。かなり気疲れするだろう。今からエンディングノート書いてほしいけど、両親とも「そんなに早く死んでほしいのか」って書いてくれる気配なし。元気なときに書いてくれないと意味ないのに、困ってる。
 

名無しさん
16時間前
1番の苦しみです。
でも、亡くした母の元へいつか戻れる、
それを楽しみに生きてる。
 

名無しさん
11時間前
辛いことがあったとき、
仕事に救われることもある。
 

名無しさん
10時間前
学生時代に実母を亡くしました。経済力も社会的地位もない自分には何もできず、今も自分を責めるばかりですね。
 

名無しさん
11時間前
多くの方の最後のケーアをして、来ました、家族が亡くなた時に、死に化粧をしてあげられずにいた時今でも悔いて居ます、綺麗な顔で、好きだった、着物を着せてあげられず寂しすぎもう、三回忌になりました、元介護士
 

名無しさん
9時間前
先日母に亡くしたばかりです死因は大腸がんでしたふとした瞬間にもっと母と一緒にいれば良かったとどうしようもなく涙があふれてきます無理をして元気を出すよりこの気持ちを抱えていこうと思います
 

名無しさん
10時間前
大切な人を亡くす、失ってしまう事に直面する際の、気持ちをコントロールする方法などあるのだろうか?
方法があったとしてめ回避出来てしまうのか?
そんな簡単なものじゃない
 

名無しさん
10時間前
生前に親子や夫婦で話した方がいいのかな。あと悲しいときは悲しんだ方が、我慢すると反動が凄いので。しっかり悲しんで泣いた方が死を受け止められると思う。あとは時間が解決するのかな。すぐに前向きになれる人もいれば、年単位かけても前向きになかなかなれない人もいる。残された人は今やるべきことやって生活する。そうすれば亡くなった人も安心するだろう。しっかりやっているねと亡くなった人は思っているはず。
 

名無しさん
12時間前
私の父さんもガンで5月に亡くなりました。お母さんもいますが、母も病気で、車椅子生活をして、施設にいます。父さんが亡くなった事で、悲しいし、寂しい気持ちもあります。私は、一人っ子なので、家で、一人でいます。くよくよしていてもしょうがないので、頑張って仕事へ行こうと思います。父さんには、色々とありがとうって送りだしました。
 

名無しさん
11時間前
交通事故で、母親を亡くしました。
事故直後、色んな装置にて
生きてる状態でした。
スイッチを切る決断をする際に、
私が決断をしなければいけなくて、
弟に、
母さんを殺すのか?!
と言われました。
その言葉が今も忘れられませんし、
自分が母になり、色んなことが思い出してしまい
このニュースを読み、、、
また、辛い気持ちになります。
 

名無しさん
11時間前
福山雅治さんがラジオで言っていたけど。
親に一年に一回親に会いに行くとしたら
10年で僅か10回しか親の顔見たり、話しをする事しか出来ないなと話ししていて。
そんなに少ないんだと改めて思った。
 

名無しさん
10時間前
結局、家族や自分のために仕事とか色々頑張る。そうやって紛らわしているうちに時間が解決する。
心は悲鳴をあげるけど、これまで何億人と言う人がそうやって乗り越えてきたんだよね、結局。
 

名無しさん
10時間前
人は遅かれ早かれみんな死ぬ。頭では分かってるんですよね。
でも、心が受け止められないというか。
両親を一度に亡くしましたが、泣けませんでした。
葬儀や相続手続き等、私がしっかりしなきゃ、ちゃんとしなきゃ、頑張らなきゃ。
それと同時に、亡くなった両親に対してもっと何か…出来ることはなかったのか、今更遅いですけど、何か…。
様々な思いが頭の中を駆け巡って、泣くことを忘れていた、または泣く時期を逃してしまったような気がします。
 

名無しさん
11時間前
分かります。私も母を亡くした時とても辛かった。
元々片親で兄弟もないから苦しみを分かち合える家族もいなかったし、当時20代で周囲の友人はまだ死というものは生活から遠く、人生の中心が仕事や恋愛が中心であるような世代だったから、励ましてくれても的はずれだったり、私も内容が重くて周りに苦しさをあまり言えなかったり。
結局、常にその苦しさとか悲しさがあるのが当たり前になって、平気な顔を演技できるようになって、段々麻痺して…というような長い段階を経てやっと本当に生活が普通になったという感じでした。
でもよくいつか癒えるとか言う人がいるけれど、癒えませんよね。解決なんてしません。ただ辛さを忘れておくことに上手くなるだけで、ふとしたきっかけで苦しさが蘇ることが今でもあります。きっと、親でなく子供やパートナー、兄弟や親友などを亡くした方でも同じでしょうけれど。
 

名無しさん
15時間前
亡くなっても、また会えますよ!その時を楽しみに生きています。生前より、亡くなってからの方が身近に存在を感じます。見えないけど側にいて守ってくれている、そんな感じです。急がなくても必ず私たちも死にます。それまでの、しばしの別れですよ。
 

名無しさん
11時間前
自分も4年前に母親をALSで亡くしました。
いまだにもっとこうしとけばよかったとか、
色々考えて眠れなくなる時があります。
 

名無しさん
11時間前
9年前に母を亡くしました。
当時、同じ悲しみを共有できる家族(父、兄弟)の大切さが身に染みました。「悲しみ半分」って、こういうことなのだと。
だけど、未だに「今を生きている母」の夢をみます。
 

名無しさん
11時間前
身内を亡くすと、後から実感というか
寂しさが湧いてくる。
自分の時は納骨後、遺影仏壇に置いた
没後半年後位かな
もぅ二度と会えないという悲しさが襲った。
介護から解放されて、通夜葬儀が終わり
納骨、遺品整理始めたり、沢しい日々が続いた。
気が付けば、幼い自分を知る人物がどんどん
お陀仏。自分も年寄りになる。当たり前ですね
こんな時は「自分だけに限ったことじゃない」
「みんなそーなんだよね」、そー思う事です。
兄弟がいるなら、何でも話し合えて、
分ち合えたらまた違うと思います。
一人になってしまったら武器を持つこと
SNSという力を最大限利用して、
同じような人たちと集えるようにしてください
何もしないよりいいです。
 

名無しさん
10時間前
私も今から不安。。主人の方でなく両親の墓にはいりたいです
 

名無しさん
10時間前
親が亡くなって泣ける人はいい親だったんだと思う。
毒親だった場合は泣けないかもしれない。
死んでホッとする自分がいるかもしれない。
松居一代みたいにカネカネカネカネ言っている親だった。
死んでもっていけるお金ではないだろうに。
 

名無しさん
11時間前
母親に限らず肉親が亡くなれば悲しみにくれます。それは太古の昔から変わらぬ事。それを今更ながらロスとか、何か新しい現象のように取り上げるのって、なんかへんなのー。それぞれの心に秘めてそれぞれが、乗り越えたり乗り越えられなかったりするものじゃないんですかね。
 

名無しさん
11時間前
27歳なのだから、早く結婚する事だな。結婚しているのに
寂しいとすれば、恐らく経済的にゆとりがあるのだろう?
経済的ゆとりがあると親の死を考える時間ができてしまう。

明日の収入がない!という極限状態や収入があっても月に
食費3万もかけれない状態だったりすると生きる事で精一杯
になる。これは一見悪いようで悪くは無いのだよ。
親の死による鬱を乗り越えるには何か別な事を考えた方が
良いのだから。

それに不謹慎かもしれないが、一言申せば。
私は母が無くなって完全に天涯孤独になった。歳を取って
から、母親を亡くし、なおかつ誰一人親類縁者が居ないと
いうのは精神的に相当堪えるものだよ。
貴方はまだ若い。まだまだこれからがあるのじゃないかね?
 

名無しさん
11時間前
未だに実家に電話すれば、「米あるのか?」って聞かれる。
いつか米を買う日が来るのかと思うと、出来るだけ孫の顔を見せに行こうと思う。
 

名無しさん
10時間前
年齢が上がって行けば周りに親を失っている人が増えていく。
同じ気持ちを共有しやすくなるけど
俺が失ったのは4歳だったからなぁ…。
今のようにネットがあるわけでもないし。
もう、30年も前の事だけどそれでも時々考えることがあるから
多分一生そういうことは思う事なんだと思うよ。
 

名無しさん
8時間前
家族の存在って何だろうか?他人でもなければ、自分でもない。
家族が病で倒れたり、事故に遭ったりしたら、自分の体のように深刻になる。精神的にどこかで一体のような存在かも。適切な表現が見つからない。強いて言えば、「精神共有体」とか「準自分」って感じか?
 

名無しさん
14時間前
わたしは22で母を癌で亡くした。
母は54若い。わたしが結婚したらついてくとかいう会話を2人でしてた。
片親で、親亡くしたら、頼れる人が兄弟しかいなくなる。幸いわたしには兄がいる。
いま、27だけど、急に思い出して泣くは夜中たまにある。
だけど、思い出して泣ける相手がいるのはいい。親が居ない人間も世の中にはいるし。思い出せなくなるのが1番悲しい。
人間、いつ死ぬかわからないなと学んだので、落ち込むより生きてるあいだになにしたいかを考えるようになったよ。
親と買い物とかしたことなかったな、とか考えて妄想して涙する感情がなくなった。みんないずれ死ぬし、過去を悔やんだところで意味はない。
死んだら会えるかもやし(笑)

母さんが居なくても絶対結婚します^^
1番信頼できるのは自分、一生付き合うのも自分。
そんな自分を作ってくれた人のためにも
自ら命を絶たないよ(そんな勇気ないし)
 

名無しさん
11時間前
母ロスって??適当に名前を作るものだ。
母親ががんで亡くなった頃、大切な人を亡くした事を実感したころ毎日泣いてた。
あれをしてやりたかった これをしてやりたかった。
あそこに連れて行ってやりたかった。後悔ばかりを引きづった。
あれから22年経過した。傷の癒しは、時間の経過しかないと思う。
そして、人の親になって感じたのは、親として、あれをしてほしい 
これをしてほしいはない。
子供の存在自体が、親への最大の親孝行だったように思う。
 

名無しさん
12時間前
数年前に母親が亡くなったけど全部父親に任せて看取らなかった。母親が嫌いだったので母ロスどころか今はのびのび暮らしている。
 

名無しさん
10時間前
数年前に母を亡くしたが看取れなかったなー。
自殺だったし。
その時は意外と大丈夫と思ってたけど後になってからくるんだこれが。
追いかけたくなる気持ちを押し殺しながら生きていくよ(笑)
 

名無しさん
11時間前
高校生の頃、母親を浮気相手との心中自殺で亡くしました、しかも母親だけ亡くなりました。
ロスとか言う言葉は今だからあり、悲しさを通り越して涙もそう出なくて、ただただ若さもあり無力感しか無かったな。それがロス?なんだと今頃感じては、涙がようやく出ます